硅酸ソーダ(液状珪酸ナトリウム、Sodium Silicate)は SiO₂(珪砂)と Na₂CO₃(ソーダ灰)を高熱炉で溶融させて製造、大部分はこの水溶液として市販されています。
水に対する溶解性があるため、水ガラス(Water Glass)とも呼ばれています。
一般的な化学式は Na₂O、 nSiO₂、 mH₂O です。
硅酸ナトリウムの使用基準は mole(Molecular ratio)比で決まりますが、mole比は SiO₂と Na₂Oの重量百分率を利用して、次のように簡単に計算することができます。
   
 

硅酸ナトリウムの密度は(Be')で表わすのが慣例で、(Be')は溶液の比重を利用して次のように計算されます。
   

硅酸ナトリウム溶液の粘度は mole比及び同一 mole比において、濃度と温度の比重によって変化する。
濃度が高ければ粘度も高くなり、温度が上昇すれば粘度は低くなって、温度が低くなれば粘度は高くなります。
 < 表1 > 濃度と粘度の関係 ( 20℃ )
 < 表2 > 比重と粘度の関係 ( 20℃ )
 < 表3 > 粘度と温度の関係
 
    
 
 
 
 
 
 
(株)ホソン化学にようこそ
 
 
(株)ホソン化学にようこそ